お知らせ

法政大学出版局では、2014年より「法政大学出版局学術図書刊行助成制度」を設け、全国の各大学在職の研究者および民間研究者を対象に、優れた学術的価値を有する専門的研究成果の募集を行っております。

2017年も、春に第4回目の募集を行い、局内および小局理事会における厳正な審査と、外部の審査員による評価を経て、本年度は下記の3点の論文作品を刊行助成対象とすることに決定いたしました。 (さらに…)

本田宏著『参加と交渉の政治学』が、「生活経済政策」(2017年11月 第250号 武田宏子氏・評)にて紹介されました。

土屋喜敬著『相撲』が、「清流」(2017年11月号)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「日本歴史」(2017年11月号/西成田豊氏・評)にて紹介されました。

池田有日子著『ユダヤ人問題からパレスチナ問題へ』が、「西日本新聞」(2017年10月22日付「郷土の本」)にて紹介されました。

マーティン・ヘグルンド著/吉松 覚、島田貴史、松田智裕訳『ラディカル無神論』が、「図書新聞」(2017年11月4日号/星野太氏・評)にて紹介されました。

土田知則著『現代思想のなかのプルースト』が、「山形新聞」「佐賀新聞」(2017年10月15日付)「神戸新聞」「徳島新聞」(2017年10月8日付)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「文藝春秋」(2017年11月号/片山杜秀氏・評)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「歴史評論」(第810号/中島久人氏・評)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「日本経済新聞」(2017年10月14日付/望月京氏・評)にて紹介されました。

永井義雄氏訳、エリー・アレヴィ著『哲学的急進主義の成立 IIIIII』が、このたび「第53回 日本翻訳出版文化賞」を受賞いたしました。

「過去1年で最も優れた翻訳書を刊行した出版社に対し贈られる賞」に選定いただき、光栄に存じます。

授賞式は、2017年10月20日に行われます。詳しくは、以下の日本翻訳家協会のウェブサイトをご覧ください。

ダン・ザハヴィ著/中村拓也訳『自己意識と他性』が、「図書新聞」(2017年10月21日号/長滝祥司氏・評)にて紹介されました。

NHKラジオ深夜便に,大好評シリーズ,ものと人間の文化史『欅(けやき)』『椿』など著書多数の有岡利幸先生がご出演!

2017年10月18日(水)午前1:05から。

NHKラジオ深夜便

大野粛英著『』が、「日本医史学雑誌」(2017年第63巻第3号)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「出版ニュース」(2017年10月中旬号)にて紹介されました。

P.ブーレーズ、J.-P.シャンジュー、P.マヌリ著/笠羽映子訳『魅了されたニューロン』が、「毎日新聞」(2017年10月8日付/内田麻理香氏・評)にて紹介されました。

長沼美香子著『訳された近代』が、「図書新聞」(2017年10月7日号/伊藤真実子氏・評)にて紹介されました。

マリオ・インフェリーゼ著/湯上良訳『禁書』が、「毎日新聞」(2017年10月1日付)にて紹介されました。

本田宏著『参加と交渉の政治学』が、「読書人」(2017年9月29日号/佐藤嘉幸氏・評)にて紹介されました。

ジェラール・ノワリエル著/大中一彌、川﨑亜紀子、太田悠介訳『フランスという坩堝(るつぼ)』が、「社会思想史研究」(2017年No.41)にて紹介されました。