解放の社会学概論批判について

叢書・ウニベルシタス 1105
批判について
解放の社会学概論

四六判 / 366ページ / 上製 / 価格 4,400円 (消費税 400円) 
ISBN978-4-588-01105-4 C1330 [2022年01月 刊行]

内容紹介

本書はフランクフルト社会研究所におけるアドルノ講演を元に、社会学と社会学批判の関係への問いで始まる。社会学にとって、社会の批判を行うこと、すなわち規範的観点に立った判断を行うことは可能なのか。批判は社会学にとって、自己の科学としての存在が損なわれるような厄介な異物なのか。実践、制度、批判、そして「社会的現実」といった社会学の中心的諸概念を練り上げ、解放を目指す実践のありようを刷新する。

関連書籍

『胎児の条件』
リュック・ボルタンスキー:著
『理性の病理』
アクセル・ホネット:著
『再配分か承認か?』
ナンシー・フレイザー:著