叢書・ウニベルシタス 249
労働の現象学

四六判 / 388ページ / 上製 / 定価:3,000円 + 税 
ISBN978-4-588-00249-6(4-588-00249-X) C1336 [1988年11月 刊行]

内容紹介

生きた労働から行為の体系へ/マルクス論——『要綱』の思考を行為分析論の視座から読み直し,現象学的マルクス読解に再検討を加えつつ新たな理論の構築を試みる。