叢書・ウニベルシタス 348
バフチン以後
〈ポリフォニー〉としての小説

四六判 / 410ページ / 上製 / 定価:4,200円 + 税 
ISBN978-4-588-00348-6(4-588-00348-8) C1390 [1992年03月 刊行]

内容紹介

ミハイル・バフチンの発想と方法をG.エリオット,ジョイス,ロレンスからクンデラに至る小説の分析に応用して,ポリフォニーとしての小説の可能性を縦横に論究。