叢書・ウニベルシタス 1109
イシスのヴェール
自然概念の歴史をめぐるエッセー

四六判 / 522ページ / 上製 / 定価:5,000円 + 税 
ISBN978-4-588-01109-2 C1310 [2020年01月 刊行]

内容紹介

「自然は隠れることを好む」。ヘラクレイトスの謎の箴言から、25世紀にわたる西洋世界の自然探究が始まる。慎しみ深く身を隠す女神の真の相貌をめぐって、古代哲学から中世の神秘主義、ルネサンス以降の機械論的世界観からゲーテ、ニーチェやハイデガー、そして現代科学にいたるまでの人間の知が繰り広げてきた思索の営みの物語。フーコーの信頼厚かったフランスの古典学者アド、初の邦訳。

著訳者プロフィール

ピエール・アド(アド ピエール)

(Pierre Hadot)
1922年生。パリのカトリック家庭に生まれ、神学教育を受ける。15歳で高等神学校に進級、22歳で司教の資格を得たのち、ソルボンヌで神学・哲学・文献学を学ぶ。27歳でCNRS(フランス国立科学研究センター)の研究員となり、宗教界を離れて哲学の道を選ぶ。文献学の研究を土台として、古代ギリシア思想と新プラトン主義、とくにプロティノス研究で著名となる。1963年にはÉPHÉ(高等研究実習院)のディレクター、82年にはミシェル・フーコーの推薦もありコレージュ・ド・フランスの教授に就任。2010年没。著作に『プロティノス──視線の純化』(Protin ou la simplicité du regard, 1963)、『古代哲学とは何か』(Qu’est-ce que la philosophie antique?, 1995)、『生き方としての哲学』(Philosophie comme manière de vivre, 2002)ほか多数。

小黒 和子(オグロ カズコ)

1958年東京女子大学文理学部英米文学科卒業。1966年米国ワシントン大学大学院修士課程修了。元東京女子大学助教授、元早稲田大学非常勤講師。主な著書に『詩人の目──コールリッジを読む』(校倉書房)、訳書にコウルリッジ『文学的自叙伝──文学者としての我が人生と意見の伝記的素描』(共訳、法政大学出版局)、ニコルソン『暗い山と栄光の山』(国書刊行会)、『円環の破壊』(みすず書房)ほか。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

エフェソスでのプロローグ 謎の箴言

Ⅰ 死のヴェール

第1章 ヘラクレイトスの箴言 「生まれたものは消滅に向かう」

Ⅱ 自然のヴェール

第2章 フュシスから〈自然〉へ
 1 関係的用法から独立用法へ
 2 プラトン
 3 アリストテレス
 4 自然の格率
 5 ストア派
 6 自然の擬人化

第3章 神々の秘密と自然の秘密
 1 神の秘密
 2 自然の秘密
 3 秘密としての自然
 4 中世と近代における自然の秘密

Ⅲ 「〈自然〉は隠れることを好む」

第4章 ヘラクレイトスの箴言と寓意的解釈
 1 神学的自然学
 2 アレクサンドリアのフィロン

第5章 「自然はその身を包もうとする」 神話の形と身体の形
 1 プラトン『ティマイオス』における神話的自然学とエピクロス派の批判
 2 自然が身を包みたがるのはそれが低位の存在であるから

第6章 カリュプソあるいは「想像力の長いヴェール」
 1 自然の地位の低さ
 2 自然の包衣と想像力
 3 〈自然〉の慎ましさ
 4 裸身と着衣
 5 自然のプロセスと想像のプロセス

第7章 異教の精霊
 1 自然、神々、伝統的祭儀
 2 異教の擁護と寛容性──テミスティオスとシュンマコス
 3 「テレスティケー(聖化の術)」──皇帝ユリアヌス

第8章 「ギリシアの神々」
 1 キリスト教世界における異教の神話中世
 2 ルネサンス
 3 シラーの「ギリシアの神々」

Ⅳ 自然の秘密のヴェールを外す

第9章 プロメテウスとオルフェウス
 1 自然科学による秘密の発見
 2 裁判官の手法
 3 観想の自然学
 4 プロメテウスとオルフェウス

V プロメテウス的態度──技術による秘密の発見

第10章 古代からルネサンスまでの機械術と魔術
 1 プロメテウス的態度
 2 古代の機械術
 3 古代の魔術
 4 中世後期とルネサンスにおける自然魔術
 5 中世とルネサンスにおける機械術と魔術

第11章 実験科学と自然の機械化
 1 古代と中世における実験
 2 魔術と機械術の遺産
 3 十七世紀の機械革命
 4 自然の秘密
 5 キリスト教による技術の勧め
 6 神の秘密
 7 「引退したエンジニア」
 8 「自然の死」

第12章 プロメテウス的態度への批判
 1 虚栄の好奇心
 2 自然を強制する技術への批判
 3 原始至上主義
 4 近代の不安──ルソーとゲーテ
 5 現代の不安

Ⅵ オルフェウス的態度──言論、詩、芸術による秘密の発見

第13章 推論的学問としての自然学
 1 自然の秘密発見の二つの方法
 2 プラトンの『ティマイオス』
 3 自然学の推測的性質
 4 同一の現象のさまざまな説明
 5 「現象を救う」

第14章 〈真理〉は〈時間〉の娘
 1 探究の希望
 2 古代における科学的知識の進歩の観念
 3 漸進的啓示としての進歩
 4 進歩──世代を重ねた研究の努力
 5 セネカ──進歩の概念の近代的発展
 6 〈真理〉は〈時間〉の娘
 7 科学の進歩──全人類の無限の仕事

第15章 精神の修練としての自然学
 1 知る喜び
 2 自然の観想と魂の偉大さ
 3 客観性の倫理としての自然研究
 4 人間に奉仕する自然研究

第16章 自然のふるまい──節約、遊び、それとも浪費?
 1 節約家の〈自然〉
 2 〈自然〉の遊び心
 3 〈自然〉の浪費

第17章 詩のモデル
 1 〈自然〉は詩人
 2 〈自然〉という象形文字的言語
 3 〈宇宙という詩〉

第18章 美的感覚と形の生成
 1 実在に対する三つの見方
 2 『自然と美学』
 3 形態の生成
 4 分極性と上昇
 5 螺旋形と蛇行線
 6 宇宙的脱我

Ⅶ イシスのヴェール

第19章 アルテミスとイシス
 1 エフェソスのアルテミス
 2 イシス
 3 イシスのヴェール
 4 ヴェールを外すという主題

Ⅷ 自然の秘密から実存の神秘へ──畏怖と感嘆

第20章 イシスはヴェールを持たず
 1 〈自然〉の胸像のヴェールを外す天使
 2 ゲーテの科学的方法
 3 「白日のもとの神秘」

第21章 聖なる戦慄
 1 自然に対する見方の変化
 2 プルタルコスとプロクロスに見るイシス
 3 フリーメイソンのイシス
 4 ドイツの前ロマン主義およびロマン主義のイシス
 5 崇高の感情と聖なる戦慄

第22章 自然はスフィンクス
 1 真理への意志と仮象の崇拝
 2 イシスのヴェールとスフィンクスとしての自然
 3 真理の「恥じらい」とバウボ
 4 ディオニュソス的恍惚

第23章 〈自然〉の秘密から存在の神秘へ
 1 シェリング
 2 実存の神秘と不安
 3 ハイデガーにおけるヘラクレイトスの箴言
 4 不安、吐き気、驚き……

むすび

訳者あとがき

原 注
参考文献について
人名索引

■訂正のお知らせ

刊行後、本書の「191頁」に、誤って組版上のミスが生じていたことがわかりました。

同頁の 6行目、「……古代人にとって 」という文字の後が改行されており、
単語が一つ脱落しております。
正しくは、

 古代人にとって、星界は神の世界であり、

となり、次行に続きます。

読者の皆様ならびに訳者・関係各位には、誠にご迷惑をおかけいたします。
訂正してお詫び申し上げます。

2020年1月
法政大学出版局 編集部

書評掲載

「図書新聞」(2020年7月11日号/津崎良典氏・評)に紹介されました。

関連書籍

『プレソクラティクス』
エドワード・ハッセイ:著
『無神論の歴史 上・下』
ジョルジュ・ミノワ:著
『造形芸術と自然』
松山 壽一:著