音楽を展示する
パリ万博1855-1900

四六判 / 442ページ / 上製 / 定価:4,600円 + 税 
ISBN978-4-588-36412-9 C1022 [2009年03月 刊行]

内容紹介

第二回パリ万博以降、音楽の世界にも美術と同様に「展示」という概念が生まれた。それはどのようにして形成され、実行され、変化したか。パリ国立古文書館等に眠る膨大な一次資料を駆使してその実態を明らかにしつつ、音楽家たちの軋轢、音楽家と役人、役人と楽器製造業者の葛藤をも描き出す。旧来の音楽史の概念を超えて、そのメカニズムにも踏み込んだ19世紀フランス音楽界のドラマ。