叢書・ウニベルシタス 217
誰がモーセを殺したか

第25回日本翻訳文化賞受賞
四六判 / 514ページ / 上製 / 定価:4,300円 + 税 
ISBN978-4-588-00217-5(4-588-00217-1) C1390 [1987年10月 刊行]

内容紹介

第25回日本翻訳文化賞受賞 フロイトから発しデリダ等に代表される脱構築派の理論の共通項をユダヤ系思想のラビ的解釈学の伝統に見出し,その影響と現象を考察する。