翻訳語の論理
言語にみる日本文化の構造

四六判 / 348ページ / 上製 / 定価:3,200円 + 税 
ISBN978-4-588-43606-2(4-588-43606-6) C1081 [2003年01月 刊行]

内容紹介

『万葉集』における古代知識人の漢語翻訳の過程にわが国翻訳文化の原点を探り,福沢・二葉亭らの近代西欧との格闘の経緯を分析し,外来文化受容の特異な構造を抉る。