叢書・ウニベルシタス 1041
基本の色彩語
普遍性と進化について

四六判 / 288ページ / 上製 / 定価:3,500円 + 税 
ISBN978-4-588-01041-5 C3370 [2016年05月 刊行]

内容紹介

人間の思考は使用する言語に影響を受けるとする言語相対説に基づき、異言語話者間に共通の色彩観は生まれないと考えられていた1960年代に、人間が言語を超えて焦点色の観念と基本的な色彩カテゴリーを共有していること、色彩を表す語には共通の進化パターンが存在することを論証した画期的研究。膨大な対人調査と歴史言語学的再構による分析は文化人類学、心理学などの分野にも大きな影響を与えた。原書1969年初版付録のマンセルカラーチャート複製付き。

著訳者プロフィール

ブレント・バーリン(バーリン ブレント)

(Brent Berlin)
1936年生。文化人類学者。ジョージア大学名誉教授。1964年、スタンフォード大学で博士号。カリフォルニア大学バークレー校で教鞭をとる。1981年、アメリカ芸術科学アカデミーのメンバーに選出される。

ポール・ケイ(ケイ ポール)

(Paul Kay)
1934年生。言語学者。カリフォルニア大学バークレー校名誉教授。1958~59年、米国陸軍に所属。1963年、ハーバード大学で博士号。スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学などでも教鞭をとる。

日髙 杏子(ヒダカ キョウコ)

1970年生。東京芸術大学大学院造形理論(色彩学)専攻、博士課程修了。現在、多摩美術大学非常勤講師。専門、色彩論。日本色彩学会所属。訳書に『色彩の表記』(みすず書房、2009)、『デザインについて─バウハウスから生まれたものづくり』(白水社、2016)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

1 データ、仮説、および全般にわたる知見

1.1 方 法
1.2 基本の色彩語の定義
1.3 基本の色彩語を色刺激ボードにマッピングする
1.4 基本の色彩語の普遍性
1.5 言語間vsインフォーマント間の変動
1.6 色彩カテゴリーの焦点色vs境界線

2 基本の色彩語の進化

2.1 基本の色彩語彙と技術・文化の複雑さ
2.2 基本の色彩語の進化における7段階
2.3 典型的システム
2.3.1 第1段階システム[黒色、白色]
2.3.2 第2段階システム[赤色の導入]
2.3.3 第3段階システム[緑色もしくは黄色の導入]
2.3.4 第4段階システム[黄色もしくは緑色の導入]
2.3.5 第5段階システム[青色の導入]
2.3.6 第6段階システム[茶色の導入]
2.3.7 第7段階システム[8、9、10、11の色彩語を持つシステム]
2.4 基本の色彩語の内的再構
2.5 疑わしいケース

3 データ

3.1 第1段階システム
3.2 第2段階システム
3.3 第3段階システム
3.4 第4段階システム
3.5 第5段階システム
3.6 第6段階システム
3.7 第7段階システム

4 結果の要約と推論について

補 遺
補遺1 試験的に調査した20言語の色名とマッピング
補遺2 色彩語彙の発達──理論化の100年
補遺3 アルファベット順のサンプル言語、段階、色彩語数、情報の典拠
補遺4 言語の正字法の標準文献

原 註
参考文献
訳者解説
索 引

関連書籍

『新・色彩の心理』
西川 好夫:著
『絵画の見方 〈新装版〉』
マイケル・J.パーソンズ:著