内容紹介

フェミニズム運動を淵源の一つとするジェンダー史は、単なる「女性の歴史」を超えて、既存の歴史学に新たな視点と刺激を提供し続けてきた。変容する「男らしさ」と権力の関係、奴隷制や近代国民国家の形成とジェンダーの関わりなど、対象領域を拡張し、今や言語論的転回以後の歴史学をも展望しうる分野に発展している。ジェンダー史の変遷を知るとともに、歴史学を捉え直す視点を獲得できる刺激的な入門書!

著訳者プロフィール

ソニア・O・ローズ(ローズ ソニア)

(Sonya O. Rose)
ノースウェスタン大学(Ph. D.)。ミシガン大学名誉教授。近代イギリス史。
著書:Limited Livelihoods: Gender and Class in Nineteenth-Century England (Berkeley: University of California Press, 1992), Which People’s War?: National Identity and Citizenship in Wartime Britain, 1939-1945 (Oxford: Oxford University Press, 2003)

長谷川 貴彦(ハセガワ タカヒコ)

1963年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。北海道大学教授。近代イギリス史、歴史理論。
著訳書:『現代歴史学への展望――言語論的転回を超えて』(岩波書店、2016年)、ピーター・バーク『文化史とは何か』(増補改訂版、法政大学出版局、2010年)

兼子 歩(カネコ アユム)

1974年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程単位修得退学。明治大学専任講師。アメリカ社会文化史、ジェンダー研究。
著訳書:「ダンスホールの境界線――戦間期ニューヨークのダンスホールをめぐるジェンダー・セクシュアリティ・人種のポリティクス」(樋口映美・貴堂嘉之・日暮美奈子編『〈近代規範〉の社会史――都市・身体・国家』彩流社、2013年)、ニナ・シルバー『南北戦争のなかの女と男――愛国心と記憶のジェンダー史』(岩波書店、2016年)

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

 はしがき
第1章 なぜジェンダー史なのか?
第2章 身体とセクシュアリティ
第3章 人種・階級・ジェンダー
第4章 男性と男らしさ
第5章 政治文化のジェンダー史に向けて
第6章 「転回」以降の新潮流
 訳者あとがき
 読書案内
 原 註
 索 引

書評掲載

「出版ニュース」(2017年3月上旬号)にて紹介されました。

「ふぇみん」(2017年3月15日号)にて紹介されました。

「図書新聞」(2017年7月1日号/山口みどり氏・評)にて紹介されました。