叢書・ウニベルシタス 968
社会の政治

四六判 / 670ページ / 上製 / 定価:6,800円 + 税 
ISBN978-4-588-00968-6 C3336 [2013年11月 刊行]

内容紹介

生前は公刊されなかったルーマンの政治システム論が、彼の死後ようやく本書にまとめられた。全体社会は政治システムそのものであり、その環境でもあると考えていたルーマンは、政治をめぐる権力や国家の意味、市民社会などをどのようにとらえていたのか。政治は全体社会を制御できるのだろうか。現在も数々の鋭い論点を提供する書。

著訳者プロフィール

ニクラス・ルーマン(ルーマン,N.)

(Niklas Luhmann)
1927年ドイツのリューネブルクに生まれる。1968-1993年ビーレフェルト大学社会学部教授。1970年代初頭にはハーバーマスとの論争により名を高め、80年代以降「オートポイエーシス」概念を軸とし、ドイツ・ロマン派の知的遺産やポスト構造主義なども視野に収めつつ、新たな社会システム理論の構築を試みた。1990年前後よりこの理論を用いて現代社会を形成する諸機能システムの分析を試み、その対象は経済、法、政治、宗教、科学、芸術、教育、社会運動、家族などにまで及んだ。1998年没。『宗教論』『近代の観察』『社会の法』『社会の芸術』『社会の社会』『社会の科学』『社会構造とゼマンティク』(以上、法政大学出版局)など邦訳多数。

小松 丈晃(コマツ タケアキ)

1968年宮城県に生まれる。東北大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。現在、北海道教育大学函館校准教授。著書:『リスク論のルーマン』(勁草書房、2003年)、『リスク学入門4 社会生活からみたリスク(新装増補)』(共著、岩波書店、2013年)、『滲透するルーマン理論──機能分化論からの展望』(共著、文眞堂、2013年)ほか。訳書:ルーマン『社会システム理論 上下』(共訳、恒星社厚生閣、1993年・1995年)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 社会の政治──問題提起

第二章 権力というメディア

第三章 政治システムの分出と作動上の閉鎖性

第四章 政治的決定

第五章 政治の記憶

第六章 政治システムの国家

第七章 政治的組織

第八章 世論

第九章 自己記述

第十章 構造的カップリング

第十一章 政治の進化

訳者あとがき

書評掲載

「UP」(2015年12月号/佐藤俊樹氏・評)に紹介されました

関連書籍

N.ルーマン著『社会の法 1・2』『社会の芸術』『社会の社会 1・2』『社会の科学 1・2』『社会構造とゼマンティク 1・2・3』