叢書・ウニベルシタス 1093
理性の病理
批判理論の歴史と現在

四六判 / 320ページ / 上製 / 定価:3,800円 + 税 
ISBN978-4-588-01093-4 C1310 [2019年05月 刊行]

内容紹介

哲学と社会分析の結びつきが壊されていく脅威とともに、歴史的・社会的諸過程から独立して理性のさまざまな可能性を把握する機会も失われ、人間の理性的能力の潜勢力が歪められていく。本書は承認論の第一人者にして、フランクフルト学派を代表する哲学者が、カント、フロイト、ベンヤミン、アドルノなどを革新的に論じ、批判理論のアクチュアリティを提示する。