ルソーと方法

A5判 / 376ページ / 上製 / 定価:4,800円 + 税 
ISBN978-4-588-15104-0 C1010 [2019年09月 刊行]

内容紹介

「貴方がたが神のように崇める秩序や方法は私にとって忌み嫌うべきものなのです」──啓蒙の世紀において知を知たらしめる社会的規範であった分析的方法を欺瞞として斥け、認識の原理と歴史の記述をラディカルに問い直した孤高のフィロゾーフ、ルソー。自らのエクリチュールを〈山師のやり口〉と称し、フランスの言論空間を揺るがせつづけた彼の、きわめて特異で真に哲学的な問題意識を剔出する。

関連書籍

『百科全書の時空』
逸見 龍生:編