ものと人間の文化史 158
鮪(まぐろ)

四六判 / 350ページ / 上製 / 定価:3,300円 + 税 
ISBN978-4-588-21581-0 C0320 [2012年04月 刊行]

内容紹介

下魚から高級魚へ、立身出世をとげたマグロの履歴書。図絵や図譜に描かれたマグロ、古典文献に記されたマグロを紹介し、漁法・漁具から運搬と流通・消費までを歴史的にたどる。また、聞書きを軸に漁民たちの暮らしと民俗・信仰を探り、一時期は水揚高日本一を誇った三浦三崎の興亡を語るとともに、生態系保護の観点から漁獲量が規制される時代にあって、マグロをめぐる食文化の未来を展望する。

著訳者プロフィール

田辺 悟(タナベ サトル)

1936年神奈川県横須賀市生まれ.法政大学社会学部卒業.海村民俗学,民具学専攻.横須賀市自然博物館・人文博物館両館長,千葉経済大学教授を経て,現在,三浦市文化財保護委員会会長など.文学博士.日本民具学会会長,文化庁文化審議会専門委員などを歴任.2008年旭日小綬章受章.著書:『海女』『網』『人魚』『イルカ』(ものと人間の文化史・法政大学出版局),『日本蜑人(あま)伝統の研究』(法政大学出版局・第29回柳田国男賞受賞),『近世日本蜑人伝統の研究』『伊豆相模の民具』『海浜生活の歴史と民俗』(慶友社),『潮騒の島──神島民俗誌』(光書房),『母系の島々』(太平洋学会),『城ヶ島漁村の教育社会学的研究』(平凡社・第2回下中教育奨励賞受賞),ほか.

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

  プロローグ

I 綜合・芸術文化とマグロ
  マグロを描いた人々
  幕末・彦根藩士が描いたマグロ
  『グラバー図譜』にみるマグロ
  『三重県水産図解』のマグロ
  『魚類写生図』の大マグロ
  「絵馬に描かれた」マグロ
  マグロの大漁を描く──マイワイ(万祝)
  マグロを描いた鋳貨
  切手のデザインとマグロ
  アクセサリーになったマグロ
  マグロのオブジェ、モニュメント

II 民俗・生活文化とマグロ
  マグロの釣鉤
  マグロ漁と海上習俗──ヨイヤマ(宵山)
  ヨイヤマの本来的な意義・目的
  東京湾にもマグロはいた
  マグロにかかわる習俗
  神仏になったマグロ
  「マグロ網」の改良・民俗技術
  須賀利浦の史的背景
  奈屋浦の支毘大命神
  五島有川湾のマグロ漁──漁業組織
  食生活とマグロ
  気になるマグロ資源
  縄文の魚食・弥生の米食
  マグロと江戸前の鮨
  マグロの「旬」は冬季
  マグロの加工・製造
  マグロの缶詰
  マグロの脯・鮪節
  地中海のボッタルガ(カラスミ)

III 歴史・伝統文化とマグロ
 1 マグロ漁の史的背景
  先史時代のマグロ漁──貝塚が語るマグロ漁
  『古事記』の中のシビ(マグロ)
  『日本書紀』の中の鮪
  『風土記』の中のシビ(マグロ)
  『万葉集』の中の鮪
  『和名抄』の中のマグロ
  『和漢三才図会』の中のマグロ
  『日本山海名産図会』にみるマグロ
  『紀伊国名所図会』のマグロ
  『西国名所図会』のマグロ
  街道・宿場町と魚市(場)
 2 マグロ漁業の展開──漁業技術の発達
  江戸時代以後──各地のマグロ漁業
  青森のマグロまき網漁業
  陸前・牡鹿半島のマグロ建網
  鮪大網(宮城県・牡鹿半島)
  磐城・陸前のマグロ巻網漁
  マグロ流網漁──常陸・茨城県那珂郡平磯
  『五島列島漁業図解』の鮪漁業
  江戸(東京)周辺のマグロ漁
  三浦三崎のマグロ漁──釣漁業専門
  城ヶ島のマグロ流し網漁──網漁業専門
  相模湾のマグロ漁──マグロ漁の系譜
 3 遠洋操業と遭難
  マグロ漁の遠洋化
  マグロ漁船の近代化
  マグロの延縄漁と遭難
 4 運搬と流通・消費
  押送り船と馬の背と
  マグロ専用の移送用「トロ箱」

IV 自然・共生文化とマグロ
  マグロを調べた人々
  マグロ一族の系譜
  カジキマグロ漁──「突ン棒」漁など

V マグロのア・ラ・カルト
  「シビ」から「マグロ」へ
  「シビ」という魚・方言と地名
  マグロの和名と英名など
  大きなマグロ、高価なマグロ  
  マグロと魚付林
  マグロの産卵
  マグロの漁獲制限・輸出の禁止
  ビキニ環礁とマグロ
  海洋汚染と新しい学の提唱(文化史学)
  趣味で釣るマグロ
  現代・マグロ伝説──マグロにかけた男たち

  エピローグ

  マグロの本(引用・参考文献)
  あとがき