第一次世界大戦

四六判 / 260ページ / 上製 / 定価:2,800円 + 税 
ISBN978-4-588-36607-9 C0022 [2014年09月 刊行]

内容紹介

地球上のあらゆる海で戦われ、すべての大陸の国家が参戦した未曾有の世界戦争は、一部の都市生活者の熱狂と、大多数の人びとの黙認のもとで始まった。イギリスの代表的研究者が平易な言葉で「人びとが戦争をする理由」に迫った定評ある入門書。各国の外交戦略と経済情勢、技術革新の実態のみならず銃後の世論・国民感情の変遷も詳説し、欧州の一地域紛争が世界を戦火に巻きこんでいく過程を描く。

著訳者プロフィール

マイケル・ハワード(ハワード,M.)

(Michael Howard)
1922年、イギリス生まれ。オックスフォード大学クライストチャーチ校卒業。同校在学中の1943~45年、第二次世界大戦に従軍。以後、ロンドン大学教授、オックスフォード大学教授、イェール大学教授を歴任。イギリスを代表する戦争史、戦略史、クラウゼヴィッツ研究者。日本語訳に、小幡操・湯浅義正訳『ヨーロッパの苦悩──東西兵力引離しの構想』(岩波書店、1959年)、奥村大作ほか訳『戦争と知識人──ルネッサンスから現代へ』(原書房、1982年)、奥村房夫・奥村大作訳『〔改訂版〕ヨーロッパ史における戦争』(中央公論新社、2010年)。

馬場 優(ババ マサル)

1967年、宮崎県生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位修得退学。オーストリア=ハンガリー帝国外交史、オーストリア現代政治専攻。現在、福岡女子大学国際文理学部准教授。著書に『オーストリア=ハンガリーとバルカン戦争──第一次世界大戦への道』(法政大学出版局、2006年)、共著に『包摂と排除の比較政治学』(ミネルヴァ書房、2010年)、『ポピュリズム時代のデモクラシー──ヨーロッパからの考察』(法律文化社、2013年)、『ハプスブルク史研究入門──歴史のラビリンスへの招待』(昭和堂、2013年)、『ヨーロッパのデモクラシー〔改訂第2版〕』(ナカニシヤ出版、2014年)。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 一九一四年のヨーロッパ

第2章 戦争勃発

第3章 一九一四年──緒戦

第4章 一九一五年──戦争継続

第5章 一九一六年──消耗戦

第6章 アメリカ参戦

第7章 一九一七年──危機の年

第8章 一九一八年──決着の年

第9章 講和

 訳註
 訳者あとがき
 地図
 付録 I ウィルソン大統領の平和原則14カ条
 付録 II 戦争の被害
 読書案内
 索引

書評掲載

「産経新聞」(2014年10月19日付)に紹介されました。

「週刊エコノミスト」(2014年10月28日特大号)に紹介されました。

「北海道新聞」(2014年11月23日付/佐々木洋子氏・評)に紹介されました。

「TOKYO FM」サイト(まえがきは謳う/ジュンク堂書店池袋本店 人文担当 田山氏・評)に紹介されました。

「読売新聞」(2014年12月21日付、今年の3冊/田所昌幸氏・評)に紹介されました。

「週刊読書人」(2014年12月19日号、2014年回顧 収穫動向/髙木勇夫氏・評)