意志と偶然 〈新装版〉
ドリエージュとの対話

四六判 / 212ページ / 上製 / 定価:2,500円 + 税 
ISBN978-4-588-41027-7 C1073 [2012年11月 刊行]

内容紹介

シェーンベルク、ウェーベルン後の現代音楽を独自の書法・技法を導入して展開させ、今日のヨーロッパでその主導的役割を果たすブーレーズの対話による回想的自伝。現代音楽、その不確定性の音楽において、「無差別・無規律な偶然」の美学的価値を拒否し、「準備され管理された偶然」を主張する著者の、創作意図と思想の軌跡が明確に示される。

著訳者プロフィール

P.ブーレーズ(ブーレーズ ピエール)

(Pierre Boulez)
現代音楽界を代表する指揮者・作曲家。1925年フランスのロワール県モンブリゾンに生まれる。パリでメシアンに和声法・作曲法を、レイボヴィッツに十二音技法を学ぶ。1946年ルノー=バロー劇団の音楽指揮者となり、54-55年ドメーヌ・ミュージカルを創設、60-66年にバーゼルの音楽アカデミーで、62-63年にはハーヴァード大学で教鞭をとる。この頃より指揮者としての確たる地位を得るとともに、69年ロンドンBBC交響楽団楽長に任命され、71年ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団を指揮、76年にはパリのポンピドゥー・センター所長となり、国際的名声を不動のものとし、音響学的・実験的研究を進めるかたわら演奏活動を行なっている。

店村 新次(タナムラ シンジ)

1919年生まれる。1941年東京外国語学校仏語部卒業。同志社大学名誉教授。フランス文学とくにマルタン・デュ・ガールを研究。1991年死去。音楽関係の主な訳書:レーマン『バッハ』、ヴィトルト『ベートーヴェン』、カディユー『モーツァルト』、ゴレア『ドビュッシー』、ロスタン『ヴェーベルン』、ブリッジマン『イタリア音楽史』、ほか多数。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1 勉学時代

2 選択と判断

3 ベルク擁護

4 シェーンベルクという事件

5 音楽教育についての余談

6 古典的諸形式の解体

7 ルネ・シャールとの出遇い

8 マラルメとの並行現象

9 音列技法の拡大・一つの実験的宇宙

10 新しい修辞学へ

11 オーケストラ指揮者としての動機づけ

12 可動性の観念

13 和声の概念

14 詩との新たな並行現象

15 形式とオーケストラについての新しい展望

16 室内楽の観念の拡大

17 テクノロジーに基づく探究

18 結論にかえて

 原註
 訳註
 ピエール・ブーレーズ略歴/主要作品
 訳者あとがき