連単分離の会計システム
フランスにおける2つの会計標準化

A5判 / 510ページ / 上製 / 定価:6,500円 + 税 
ISBN978-4-588-65510-4 C3033 [2018年09月 刊行]

内容紹介

市場メカニズムを重視するアングロ・サクソン的思考にもとづいた「国際会計基準/国際財務報告基準(IAS/IFRS)」がグローバル・スタンダード化する一方、それとは異なる独自の会計システムを追求してきたフランス。個別会計と連結会計の次元を二元化してきた伝統的モデルは歴史的にどのように形成され、時代の要請に対応してきたのか。今日の世界経済の多様性を知るための稀少な研究。