分別される生命
20世紀社会の医療戦略

川越 修:編著, 鈴木 晃仁:編著
四六判 / 332ページ / 上製 / 定価:3,500円 + 税 
ISBN978-4-588-67209-5 C1030 [2008年05月 刊行]

内容紹介

20世紀初頭から始まった国家を担い手とし国民を広く包摂する医療保険の制度化、さらに医療の科学化と病院化による〈病人〉の〈健康人〉からの分別化のプロセスは、病気という〈生命リスク〉を回避する医療戦略であった。本書は、この過程を日独英の比較のもとに歴史的に検証し、現代社会が共通に抱える高齢者のライフステージと生をめぐる新たな問題の発生・展開を浮き彫りにする。