生命倫理と公共政策

A5判 / 320ページ / 並製 / 定価:3,000円 + 税 
ISBN978-4-588-67523-2 C1036 [2019年06月 刊行]

内容紹介

技術の発展が可能にした生殖補助医療、人工妊娠中絶、遺伝医療と再生医療、臓器移植、終末期医療の各テーマをめぐって、これまで国内外で積み重ねられてきた生命倫理の重要な論点を総ざらいし、公共政策の視点から問題の所在と妥当な対策を提示する。「自律性」「共生」「自然性」を原則とする著者独自の政策理念のもと、膨大な先行文献をふまえ、将来への展望を示す最良の研究・概説書。

関連書籍

『生命倫理学』
ディーター・ビルンバッハー:著