ものと人間の文化史 174

四六判 / 372ページ / 上製 / 定価:3,600円 + 税 
ISBN978-4-588-21741-8 C0320 [2015年11月 刊行]

内容紹介

ダイズ、アズキ、リョクトウ、エンドウなど主要な食用マメ類について、その栽培化と作物としての歩みを世界史的視野で捉え直し、食文化に果たしてきた重要な役割を浮き彫りにする。また、「豆撒き」の習俗や「ジャックと豆の木」の物語の意外な由来、「ツタンカーメンのエンドウ」の虚構、タブーとされたマメなど、豊富な話題を通じてマメと人間の深いかかわりの歴史を描く。

著訳者プロフィール

前田 和美(マエダ カズミ)

1931年京都市生まれ。三重農林専門学校農学科卒業。農学博士(京都大学)。高知大学名誉教授。
著書に『マメと人間─―その1万年の歴史』(古今書院、1987年)、『熱帯の主要マメ類』(国際農林業協力協会、1991年)、『落花生』(法政大学出版局、2011年)などがある。

※上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 「マメ」──野生から栽培へ
マメ科植物とその進化/植物の栽培は「ゴミの山」から始まった?/マメの高い考古学的遺存率/「栽培化」でマメの性質はどう変わったか?/マメをどのように栽培してきたか

第二章 近東──西南アジアにおけるマメの文化
マメのふるさと/野生種の栽培化と「創始者作物」/マメの祖先種の生育環境

第三章 インドにおけるマメの文化
古代インドのマメ/マメ類の考古植物学記録の検証/サンスクリット名をもつマメ

第四章 アフリカにおけるマメの文化
自然環境と作物/アフリカのマメ

第五章 東アジアにおけるマメの文化
ダイズ/アズキ/「緑豆」/「隠元豆」の由来と『隠元冠字考』

第六章 東南アジアにおける豆の文化
東南アジア/ダイズとラッカセイ

第七章 新大陸におけるマメの文化
メソアメリカと南アメリカ大陸/新大陸の栽培植物/「コロンブス以前」の栽培植物伝播論/マメの「コスモポリタン」

第八章 精神生活のなかのマメ
「神話」のマメ/「信仰」と「禁忌」のマメ/民話とマメ/身体装飾とマメ

第九章 虚構の主役になったマメ
「虚構」/日本版「ツタンカーメンのエンドウ」

第十章 マメをどのように食べてきたか
「マメ」食のルーツ/インドに見るマメの食文化/マメ子実を野菜に/マメ食品

引用文献
あとがき

書評掲載

「日本農業新聞」(2016年9月11日号/長谷川清美氏・評)にて紹介されました。

「豆類時報」(2016年3月号 No.82/後沢昭範氏・評)にて紹介されました。

関連書籍

『落花生』
前田 和美:著
『栗』
今井 敬潤:著
『タブノキ』
山形 健介:著
『有用植物』
菅 洋:著
『さつまいも』
坂井 健吉:著