ワインと戦争
ナチのワイン略奪作戦

四六判 / 408ページ / 上製 / 定価:4,400円 + 税 
ISBN978-4-588-36608-6 C1022 [2019年08月 刊行]

内容紹介

第二次大戦中、フランスを占領したナチス・ドイツは、全ブドウ畑を対象とするワイン生産・取引の大規模な収奪システムを構築した。従来は愛国的な抵抗運動(レジスタンス)の文脈で語られることの多かった商人や生産者たちの神話を覆し、彼らが実際は対独協力(コラボラシオン)で多大な利益を得ていたという歴史的事実の全体像を、膨大な一次史料を掘り起こして初めて実証的に明るみに出した問題作。

関連書籍

『仏独関係千年紀』
宇京 賴三:著
『裸のヘッセ』
森 貴史:著