サピエンティア 54
差別はいつ悪質になるのか

四六判 / 318ページ / 上製 / 定価:3,400円 + 税 
ISBN978-4-588-60354-9 C0330 [2018年07月 刊行]

内容紹介

私たちは人々の間にある特徴──人種、性別、容姿、能力、年齢その他の特性──に基づいて区別を付けるが、この区別が「悪質な差別」になるのはなぜか。人を貶価する行為に悪質な差別の不当さがある。その悪質さの根拠を本書は問い、差別の一般理論を展開する。「差別」という言葉によって本当のところ何を理解しているのか、その行為の何を問題にして道徳的に評価しているのか、そしてその評価の根拠は何か。哲学的差別論の必読書。

関連書籍

『ヴェール論争』
クリスチャン・ヨプケ:著
『正義のフロンティア』
マーサ・C.ヌスバウム:著