介護保険解体の危機

A5判 / 238ページ / 並製 / 定価:2,300円 + 税 
ISBN978-4-588-67524-9 C0036 [2019年08月 刊行]

内容紹介

介護の負担を家族に押しつけず、社会全体で支える制度として2000年に導入された介護保険。しかし社会保障財源不足を背景に、介護サービス利用が制限され、要介護度の低い高齢者が保険対象から外されるとともに、職員の離職も止まらず、制度は実質的に解体しつつある。危機はなぜ生じたのか? 超高齢社会にはどんな制度設計が必要なのか? 介護の実体験をふまえた、経済学者からの緊急の提言。