虚像のアテネ
ベルリン、東京、ソウルの記憶と空間

A5判 / 566ページ / 上製 / 定価:8,800円 + 税 
ISBN978-4-588-78611-2 C3020 [2019年06月 刊行]

内容紹介

プロイセンの建築家フリードリヒ・シンケルの新古典主義建築と、その核心原理である「テクトニック」が、それぞれ色合いの異なる三つの都市に導入される過程をテーマに、幻影としての西欧的近代性と、その脆さを逆追跡する試み。建築と都市計画は工学的技術である以前に言説であり、政治的テクノロジーでもあることを明らかにする。「記憶と建築が醸し出す不協和音の文化史」(原著副題)。