叢書・ウニベルシタス 1073
うつむく眼
二〇世紀フランス思想における視覚の失墜

四六判 / 768ページ / 上製 / 定価:6,400円 + 税 
ISBN978-4-588-01073-6 C1310 [2017年12月 刊行]

内容紹介

二〇世紀フランス思想は近代における視覚の覇権体制に反旗を翻した。絵画、写真、映画等々の視覚芸術から哲学、宗教、心理学、ジェンダーにいたる諸論点をめぐり、ベルクソン、サルトル、メルロ=ポンティ、レヴィナス、ラカン、フーコー、デリダらの思考が「反視覚」の一点において重なり合う圧倒的思想史にして、フランクフルト学派の研究で知られる著者の新展開を鮮烈に印象づけた記念碑的大著。

関連書籍

『力の場〈新装版〉』
マーティン・ジェイ:著
『目に見えるものの署名』
フレドリック・ジェイムソン:著