書評掲載

小林卓也著『ドゥルーズの自然哲学』が「読書人」(2019年11月8日号/堀千晶氏・評)に紹介されました。

福澤徹三著『花火』が「朝日新聞 夕刊」(2019年11月6日付/宮代栄一氏・評)に紹介されました。花火の歴史を丹念にたどった本だと評価してくださいました。「花火の色は長い間、オレンジ一色だった等のトリビアもいっぱい。楽しく読める一冊だ」

下野恵子著『介護保険解体の危機』が「シルバー新報」(2019年9月26日付)に紹介されました。

秋葉忠利著『数学書として憲法を読む』が「東京新聞」(2019年11月4日付/村上一樹氏・評)に紹介されました。

ジェニファー・ラトナー=ローゼンハーゲン著/岸正樹訳『アメリカのニーチェ』が「朝日新聞」(2019年11月2日付/石川健治氏・評)に紹介されました。

ヴィンフリート・クリークレーダー著/斎藤成夫訳『オーストリア文学の社会史』が「図書新聞」(2019年11月2日号/前田佳一氏・評)に紹介されました。

マルティン・ハイデガー、カール・レーヴィット著/アルフレート・デンカー編/後藤嘉也、小松恵一訳『ハイデガー=レーヴィット往復書簡』が「図書新聞」(2019年11月2日号/平田裕之氏・評)に紹介されました。

千森幹子著『ガリヴァーとオリエント』が「日本18世紀学会年報」(2019年6月/中島渉氏・評)に紹介されました。

クリストフ・リュカン著/宇京 賴三訳『ワインと戦争』が「北日本新聞」「北國新聞」(2019年10月19日付/佐原秋生氏・評)に紹介されました。

下野恵子『介護保険解体の危機』が「毎日新聞」(2019年10月27日付/藻谷浩介氏・評)に紹介されました。

澤野雅樹著『ミルトン・エリクソン』が「東京新聞」(2019年10月27日付/藤沢周氏・評)に紹介されました。

ヴォルフガング・ベーリンガー著/髙木葉子訳『スポーツの文化史』が「図書新聞」(2019年10月26日号/石井昌幸氏・評)で紹介されました。

秋葉忠利著『数学書として憲法を読む』が「こども環境学研究」(第15巻 第2号 通巻第43号)に紹介されました。

マルティン・ハイデガー、カール・レーヴィット著/アルフレート・デンカー編/後藤嘉也、小松恵一訳『ハイデガー=レーヴィット往復書簡』が「読書人」(2019年10月18日号/齋藤元紀氏・評)に紹介されました。

マルク・アリザール著/西山雄二、八木悠允訳『犬たち』が「COIN FRANÇAIS 2019年読書の案内書」(アンスティチュ・フランセ日本 × 紀伊國屋書店)に紹介されました。

坂井建雄編『医学教育の歴史』が「読書人」(2019年10月4日号/鈴木晃仁氏・評)に紹介されました。

秋葉忠利著『数学書として憲法を読む』が「朝日新聞 多事奏論」(2019年10月2日付/国分高史氏・評)に紹介されました。

下野恵子著『介護保険解体の危機』が「エコノミスト」(2019年9月24日号)に紹介されました。

バーバラ・チェイス=リボウ著、井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が「NEWSポストセブン」(2019年9月30日付)に紹介されました。

梅崎修、田澤実編著『大学生の内定獲得』が「日本労働研究雑誌」(No.711 2019年10月号)に紹介されました。