書評掲載

ヤン=ヴェルナー・ミュラー著/斎藤一久、田畑真一、小池洋平監訳/安原陽平、根田恵多、菅沼博子訳『憲法パトリオティズム』が、「図書新聞」(2018年5月5日号/馬原潤二氏・評)にて紹介されました。

小澤京子著『ユートピア都市の書法』が、「表象」(2018年12号/大橋完太郎氏・評)にて紹介されました。

ソニア・O・ローズ著/長谷川貴彦、兼子歩訳『ジェンダー史とは何か』が、「歴史学研究」(2018年5月号/小二田章氏・評)にて紹介されました。

松葉祥一、本郷均、廣瀬浩司編『メルロ=ポンティ読本』が、「朝日新聞」(2018年4月21日付)にて紹介されました。

M.デ・ウナムーノ著/執行草舟監訳/安倍三﨑訳『ベラスケスのキリスト』が、「産経新聞」(2018年4月22日付/桑原聡氏・評)にて紹介されました。

星名宏修著『植民地を読む』が、「民衆史研究」(第94号2018年3月号/和泉司氏・評)にて紹介されました。

マリオ・インフェリーゼ著/湯上良訳『禁書』が、「史学雑誌」(126編第12号、2017年/北田葉子氏・評)にて紹介されました。

塩原良和著『分断するコミュニティ』が、「オーストラリア研究」(31号/長友淳氏・評)にて紹介されました。

ソニア・O・ローズ著/長谷川貴彦、兼子歩訳『ジェンダー史とは何か』が、「女性とジェンダーの歴史」(2018年3月第5号/奥田伸子氏・評)にて紹介されました。

バーバラ・エーレンライク、ディアドリー・イングリッシュ著/長瀬久子訳『魔女・産婆・看護婦』が、「女性とジェンダーの歴史」(2018年3月第5号/高林陽展氏・評)にて紹介されました。

マリオ・インフェリーゼ著/湯上良訳『禁書』が、「日伊文化研究」(第56号/馬場康雄氏・評)にて紹介されました。

中條忍著『ポール・クローデルの日本』が、「京都新聞」「大分合同新聞」「河北新報」「四國新聞」(2018年4月8日付)「秋田魁新報」(2018年4月1日付)「北國新聞」(2018年3月31日付)にて紹介されました。

エリー・アレヴィ著/永井義雄訳『哲学的急進主義の成立 IIIIII』が、「イギリス哲学研究」(第41号/有江大介氏・評)にて紹介されました。

リンダ・コリー著/中村裕子、土平紀子訳『虜囚』が、「イギリス哲学研究」(第41号/松園伸氏・評)にて紹介されました。

阿部崇著『ミシェル・フーコー、経験としての哲学』が、「週刊読書人」(2018年4月6日号/佐藤嘉幸氏・評)にて紹介されました。

吉田元著『醤油』が、「ダ・ヴィンチ」(2018年5月号)にて紹介されました。

ノルベルト・エリアス著/大平章訳『エリアス回想録』が、「図書新聞」(2018年4月14日号/市井吉興氏・評)にて紹介されました。

コンラート・パウル・リースマン著/斎藤成夫、齋藤直樹訳『反教養の理論』についての、訳者・齋藤直樹氏による紹介文が、「IDE現代の高等教育」(2018年4月号)に掲載されました。

E.トラヴェルソ著/宇京賴三訳『左翼のメランコリー』が、「出版ニュース」(2018年4月上旬号)にて紹介されました。

町田祐一著『近代都市の下層社会』が、「歴史学研究」(2018年4月号/大杉由香氏・評)にて紹介されました。