書評掲載

星名定雄著『情報と通信の文化史』、D.R.ヘッドリク著/塚原東吾・隠岐さや香訳『情報時代の到来』が、「日経コミュニケーション」(2012年2月号)にて紹介されました。

有岡利幸著『』が、「現代林業」(2012年3月号)にて紹介されました。

新村拓著『国民皆保険の時代』が、「日本経済新聞」(2012年2月12日付/大林尚氏・評)にて紹介されました。

野口雅弘著『比較のエートス』が、「出版ニュース」(2012年2月中旬号)にて紹介されました。

D.R.ヘッドリク著/塚原東吾・隠岐さや香訳『情報時代の到来』が、「図書新聞」(2012年2月18日号/門林岳史氏・評)にて紹介されました。

山内譲著『中世の港と海賊』が、「史学雑誌」(第121編第1号、2012年1月/三宅克広氏・評)にて紹介されました。

月刊「みすず」(2012年1・2月合併号)読書アンケート特集にて、小局の書籍が多数紹介されました。 (さらに…)

E.B.de.コンディヤック著/古茂田宏訳『動物論』が、「図書新聞」(2012年2月4日号/金森修氏・評)にて紹介されました。

R.S.コーワン著/高橋雄造訳『お母さんは忙しくなるばかり』が、「大原社会問題研究所雑誌」(No.640、2012年2月号/榎一江氏・評)にて紹介されました。

A.セゼール・他著/立花英裕・中村隆之訳『ニグロとして生きる』が、「毎日新聞」(2012年1月22日付/富山太佳夫氏・評)にて紹介されました。

A.セゼール・他著/立花英裕・中村隆之訳『ニグロとして生きる』が、「図書新聞」(2012年1月28日号/星埜守之氏・評)にて紹介されました。

東喜望著『笹森儀助の軌跡』が、「読売新聞」(2012年1月22日付、日曜版/松本由佳氏)にて、参考文献として紹介されました。

西田勝著『グローカル的思考』が、「週刊読書人」(2012年1月20日号/鎌田慧氏・評)にて紹介されました。

野口雅弘著『比較のエートス』が、「朝日新聞」(2012年1月15日付/奥泉光氏・評)にて紹介されました。

S.ヴェイユ著/今村純子訳『前キリスト教的直観』が、「毎日新聞」(2012年1月8日付/本村凌二氏・評)にて紹介されました。

S.ヴェイユ著/今村純子訳『前キリスト教的直観』が、「図書新聞」(2012年1月14日号/黒住真氏・評)にて紹介されました。

J.ルカーチ著/菅英輝訳『評伝 ジョージ・ケナン』が、「朝日新聞」(2011年12月25日付/書評委員お薦め「今年の3点」、保阪正康氏・評)にて紹介されました。

J.ルカーチ著/菅英輝訳『評伝 ジョージ・ケナン』が、「東京新聞」(2011年12月25日付/古関彰一氏・評)にて紹介されました。

香月洋一郎著『馬耕教師の旅』が、「季刊地域」(No.8、2011年冬号/相馬尅之氏・評)にて紹介されました。

張玉萍著『戴季陶と近代日本』が、「史学雑誌」(第120編第12号、2011年12月/黄東蘭氏・評)にて紹介されました。