書評掲載

新村拓著『国民皆保険の時代』が、「社会福祉研究」(第114号、2012年7月1日発行/土田武史氏・評)にて紹介されました。

M.カリーゼ著/村上信一郎訳『政党支配の終焉』が、「信濃毎日新聞」(2012年7月29日付)、「徳島新聞」(2012年7月29日付)にて紹介されました。

週刊読書人」(2012年7月27日号)の特集=48人へのアンケート〈2012年上半期の収穫から〉にて、『イメージの前で』『ラジオの歴史』が紹介されました。 (さらに…)

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「ふぇみん」(No.2996、2012年7月25日発行)にて紹介されました。

新城道彦著『天皇の韓国併合』が、「東アジア近代史」(第15号、2012年3月発行/月脚達彦氏・評)にて紹介されました。

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「読売新聞」(2012年7月15日付/尾崎真理子氏・評)にて紹介されました。

小柳美代子著『〈自己〉という謎』が、「週刊読書人」(2012年7月13日号/日下部吉信氏・評)にて紹介されました。

G.ドゥルーズ著/財津理・他訳『シネマ1*運動イメージ』、G.ドゥルーズ著/宇野邦一・他訳『シネマ2*時間イメージ』が、「東京新聞/中日新聞」(2012年7月8日付/雑賀恵子氏・評)にて紹介されました。

齋藤元紀著『存在の解釈学』が、「週刊読書人」(2012年7月6日号/秋富克哉氏・評)にて紹介されました。

三井さよ・鈴木智之編著『ケアのリアリティ』が、「出版ニュース」(2012年7月上旬号)にて紹介されました。

大橋完太郎著『ディドロの唯物論』が、「思想」(2012年7月号/玉寺賢太氏・評)にて紹介されました。

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「ハヤワカミステリマガジン」(2012年8月号/風間賢二氏・評)にて紹介されました。

三井さよ・鈴木智之編著『ケアのリアリティ』が、「看護管理」(2012年7月号)にて紹介されました。

B.チェイス=リボウ著/井野瀬久美惠監訳『ホッテントット・ヴィーナス』が、「週刊読書人」(2012年6月22日号/荒このみ氏・評)にて紹介されました。

張玉萍著『戴季陶と近代日本』が、「歴史学研究」(No.894、2012年7月号/嵯峨隆氏・評)にて紹介されました。

S.カヴェル著/石原陽一郎訳『眼に映る世界』が、「キネマ旬報」(2012年7月上旬号/北小路隆志氏・評)にて紹介されました。

S.カヴェル著/石原陽一郎訳『眼に映る世界』が、「出版ニュース」(2012年7月上旬号)にて紹介されました。

G.ディディ=ユベルマン著/江澤健一郎訳『イメージの前で』が、「週刊読書人」(2012年6月15日号/河本真理氏・評)にて紹介されました。

田辺悟著『鮪(まぐろ)』が、「神奈川新聞」(2012年6月10日付)にて紹介されました。

C.T.モーハンティー著/ 堀田碧監訳『境界なきフェミニズム』が、「出版ニュース」(2012年6月上旬号)にて紹介されました。